【API更新情報】形態素解析APIで大容量テキストを解析できるようにしました

はじめに

Apitore形態素解析APIを拡張しました。POSTリクエストでテキストの配列を受け取ります。出力はそれぞれのテキストの形態素解析結果です。リクエストは1MBまで受け取れるので、ある程度大容量のテキストを一気に解析できるようにしました。

API

サンプルコード

解説

使い方は以前とあまり変わりません。アクセストークンを使ってリクエストを投げるだけです。ここではSwaggerUIからの使い方を解説します。アクセストークンはあらかじめ発行しておいてください。

こちらにアクセスします。ポチポチPOSTの概要をクリックしていれば、下図のような形で展開されるはずです。

続いて、access_tokenにアクセストークンを入力します。reqの部分に解析したいテキストを代入します。下図のような形です。

実行すれば形態素解析結果を取得できます。

おわりに

以前はGETリクエストである関係上、あまり大規模なテキストを解析できませんでした。負荷対策も兼ねてのことでしたが、サーバーも安定動作しているので、思い切って大規模なテキストの解析を許容することにしました。是非使い倒してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です