API

【API】大規模テキスト用の極性判定APIを公開しました

はじめに

以前公開した感情推定(極性判定)APIを大規模テキストに対応させました。1MBまでのテキスト配列を受け取り、それぞれのテキストの極性判定結果を返します。例のごとく、ツイートで学習したのでツイートの極性判定が得意です。本APIは有料APIで、CPU利用時間で課金します。1秒あたり0.01円(1cr)で、リーズナブルにしています。

【API】文の意味類似度を評価するAPIを公開しました

はじめに

Apitoreユーザーのリクエストにお応えして、文の意味類似度を評価するWebAPIを作成しました。多少の言い換えであれば問題なく吸収します。これを使えば、例えばQ&Aサイトでは類似した質問文の検索に利用できますし、例えば定型文を投稿するような雑談系チャットボットでは相手の会話文に近い内容の定型文を投稿して相手に同意したかのように振る舞うこともできます。料金はCPU利用時間で、1秒あたり0.01円と格安です。

【API】極性判定付きツイート収集APIを公開しました

はじめに

以前公開したツイート検索API感情分析APIを組み合わせてみました。Apitoreの感情分析の結果付きツイートを取得できます。本APIは有料APIになります。1コールあたり1cr(0.01円)です。1コールで100件のツイートが取れるのでコスパはかなり高いと思います。

【API更新情報】形態素解析APIで大容量テキストを解析できるようにしました

はじめに

Apitore形態素解析APIを拡張しました。POSTリクエストでテキストの配列を受け取ります。出力はそれぞれのテキストの形態素解析結果です。リクエストは1MBまで受け取れるので、ある程度大容量のテキストを一気に解析できるようにしました。

【API】単語郡を意味的な近さでクラスタリングする(Word2Vec利用)

はじめに

Apitoreユーザーからのリクエストにお応えして、Word2Vecを使った単語クラスタリングAPIを実装しました。単語郡を入力すると各単語のWord2Vec APIの結果にKmeansクラスタリングを適用して意味的に近いクラスタを任意の数だけ作ります。Word2Vecの元が日本語WikipediaになっているのでWiki基準の意味クラスタではありますが、使い方次第で面白いかも?

【API】上位概念辞書と下位概念辞書 ~WordNetの一部を切り出すシリーズ~

はじめに

先日、WordNetをシンプルに使えるWebAPIを公開しました。簡単で分かりやすいWebAPIですが、用途によっては冗長な場合もあります。今回は上位概念辞書下位概念辞書をそれぞれWebAPIで切り出しました。


【API】日本語WordNetの全内容にアクセスできるWebAPIを公開した

はじめに

WordNetをご存知でしょうか?自然言語処理界隈では常識とも言える世界的に有名な意味辞書/概念辞書です。人手で整備されているため、非常に高品質です。最後の更新が2010年(?)なのでそこが残念ですが、まだまだ使えます。今回のWebAPIは、開発者や専門家向けにWordNetの全内容にアクセスできるWebAPIにしました。