【API】和英/英和辞書 ~WordNetの一部を切り出すシリーズ~

はじめに

先日、WordNetをシンプルに使えるWebAPIを公開しました。簡単で分かりやすいWebAPIですが、用途によっては冗長な場合もあります。今回は和英/英和辞書だけWebAPIで切り出しました。

API

サンプルコード

解説

WordNetの公式ページはこちらです。商用利用可能です。単語レベルで和英/英和変換できます。

TIPS

名詞はそのまま使えますが、動詞や形容詞は語尾が活用します。WordNetは標準形のみを入力に取ります。「標準形なんてわかんねーよ」って場合は、形態素解析を挟むと良いです。

例えば、Apitoreで公開しているkuromoji WebAPIに単語を入力すると、レスポンスの中にbaseFormというものがあります。これが標準形です。

例を挙げると、「やってみる」の形態素解析結果から標準形を取ると、「やる」「て」「みる」になります。

使ってみた

例えば「できる」は「capable」になりました。

"entries": [
  {
    "labelen": "tran",
    "labelja": "翻訳",
    "pos": "a",
    "words": [
      "capable"
    ]
  }
]

「やる」は「perform」「do」「make」「execute」になりました。

"entries": [
  {
    "labelen": "tran",
    "labelja": "翻訳",
    "pos": "v",
    "words": [
      "perform",
      "do",
      "make",
      "execute"
    ]
  }
]

つまり・・・

「あなたができるならやりなよ」は・・・
「あなたがcapableならperformなよ」

になります。「Youがcanできるならdoしちゃいなよ」を期待しましたが、そんなにうまくいきませんね笑

おわりに

今回はWordNetの和英/英和辞書を抜粋してWebAPIにしました。これと形態素解析を組み合わせることで、例えば「Youがcanできるならdoしちゃいなよ」みたいなツイートジャニさん語変換とか、ルー大柴先生語変換とか、そういう遊びができちゃいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です