続 Facebook広告に合計2万円課金したら広告のコツを掴めた話

はじめに

前回に引き続きFacebook広告でApitoreの宣伝をすべく試行錯誤しました。1万円課金したところでわかったことを反映したら、次の1万円でFacebookが提示している「関連度スコア」の高い広告が打てたので紹介します。

今回のベスト・オブ・ベスト広告

わかったこと

  • 設定する項目は「年齢」と「性別」。絞り込みは「趣味・関心」で行うのが良い。
  • 表示画像の6パターン試す。1日目は様子見で、2日目は反応が良い広告のみ配信する。

全体振り返り:技術保有者向けと技術利用者向けそれぞれに広告を打ったら大成功(ただしリード未獲得)

ある意味シェアリングエコノミーとも呼べるApitoreは技術を提供する側と利用する側の両者で成り立ってます。なので両者を同時進行で獲得しようと広告を打ちました。本当は予算2000円であと3回は広告を試行錯誤する予定でしたが、思ったよりも反応がすごく良かったので、残りの予算を一気に投資することにしました。結果的にFacebook広告の「関連度スコア」が高い広告が打てて、「いいね」なども多く良かったです。
反省点としては、クリック率やいいね率は上がったものの、リードもユーザーも今回の広告からは獲得できていない点です。「クリック」や「いいね」を上げるために「趣味・関心」が合う人をターゲティングしたのは良かったのですが、『趣味・関心が合う』ことは必ずしも『お客様』ではないということです。広告は奥が深い。少なくとも、今回の広告で色々な方に肯定的なコメントや「いいね」をもらえたのはありがたかったですし、誰にも理解されないサービスではないということで少し安心しました。

6回目:技術利用者向け、すなわちハッカソンに興味ある人に広告を打った

ずばり「趣味・関心: ハッカソン」を指定しました。日本人で24歳~54歳までを対象とすると、オーディエンスは約9000人いるとのことです。1日目は画像を6パターン用意し、2日目に1画像に絞って広告を打ちました。広告のテキストも利用者をターゲットにするので新しく用意しました。

今回、最終的に打った広告は以下になります。前回までの実験(?)でも評判の良かった画像です。2日間で844人にリーチ、18件のクリック、クリック単価は236円、結果レートは1.74%、関連度スコアは6でした。女性へのリーチは全体リーチの9%で、前回の結果で分かっていましたが女性ウケは悪いようです。リーチの約90%はモバイルからでした。「いいね」や「コメント」多く、反応が良い広告になりました。
反省点としては、今回の広告でApitoreのユーザーは増えていない点です。広告で誘導したページはApitoreのトップページだったのですが、ユーザー登録はAPIを利用するときしか必要にならないので、「なるほど、こんなAPIがあるのね。今は使わないからユーザー登録はいいかな」となったのだと推測します。すなわち、広告を打つタイミングも大事だということですね。次回はハッカソンイベント中に参加者に向けて広告打つとか、タイミングに気を配りたいと思います。

7回目:技術提供者向け、すなわちAI系の研究に興味ある人に広告を打った

ずばり「趣味・関心」に人工知能などのAIっぽいキーワードを指定しました。追加条件で「趣味・関心: API」を指定しました。さらに追加条件で「趣味・関心: 研究」を指定しました。日本人で24歳~54歳までを対象とすると、オーディエンスは約9700人いるとのことです。1日目は画像を6パターン用意し、2日目に1画像に絞って広告を打ちました。少し広告のテキストも微修正しました。タイトルを「遊休状態の研究技術によるオープンイノベーション」として、前回よりも初見でガツンと響くようにしたつもりです。

今回のベストショットはこちらです。新しく試してみた画像ですね。「API」が強調されている画像になります。そこまで特徴的な画像には見えなかったので、私としては意外でした。
2日間で1505人にリーチ、28件のクリック、クリック単価は138円、結果レートは1.68%、関連度スコアは9でした。女性ウケは非常に悪く、全体のリーチに対しての女性比率は5%でした。こちらの広告でも「いいね」や「コメント」をいただきました。ありがとうございます!
反省点としては、相変わらずリードを獲得できていない点です。「趣味・関心」に「人工知能&研究&API」を指定したので、Apitoreのサービスへの共感が強い層にリーチできています。一方で、そのユーザーが研究職かどうかは指定できていません。営業系の方かもしれませんし、遊休技術を保有していない研究職の方かもしれません。このあたりの細かい調整は、、、現時点では指定するのは難しいですね。

おわりに

合計2万円のFacebook広告を打ちました。応援してくれる人が見つかったことは嬉しくて、誰にも理解されないサービスではないのだと安心しました。一方で、リード未獲得については課題です。広告をもっとうまく打てるように試行錯誤は継続する必要がありますし、なによりもApitore自体をもっともっと良くしていかなければいけません。そろそろ企業研究者だけでなく、野生のスーパハカーに対してもリーチしていく時期ですね。というわけで、趣味でICT系の技術作っていて、WebAPIで公開したい/公開してもいいよ、という方が居れば是非こちらのお問い合わせフォームよりご連絡下さい♪

2万円使った証拠(微妙に端数になっていますが、ほぼ2万円ってことで目をつむってください・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です