OneJapanで企画提案ピッチをしました【大企業ハッカソン】

はじめに

OneJapanという大企業の有志団体が集まって出来たアライアンスがありまして、そこでOneJapanが一丸となって取り組む企画提案ピッチをしてきました。OneJapanは大企業病に陥っている現在の状況を打破すべく立ち上がった組織ということもあり、Apitoreの目的と完全に合致しています。

内容

スライドも公開していますが、ひとことで言えば

「大企業が匿名でICT技術を持ち寄り、いろんな企業の技術でハッカソンする」

というものです。
この企画の背景にはApitoreの想いがあります。詳細はこちらを御覧ください。

ざっくり背景を説明すると、大企業には「製品になっていない」「社内で使われていない」「公開されていない」ICT技術が大変多くあります。経産省の調べでは、約68%もの技術が(ICTによらず)死蔵されています。多くの技術が「いつか金を産んだらいいなあ」と棚に上げて保管されている状況です。

しかし、ご存知の通り、技術は使われなければ価値=利益を産むことは絶対にありません。そして価値を作ったら、それが本当に価値があるのかを検証する(お金を払ってくれる人を見つける)ことが必要です。大企業はこれが苦手で、つい話を大きくしてしまい、小さい失敗をすることが出来ません。

「小さい失敗を繰り返す」
これはまさにシリコンバレーで実践されているリーンスタートアップであり、日本大企業が出来ないことです。リーンスタートアップをしやすくするには、実際にリーンスタートアップを繰り返すしかありません。そしてそのためにやることの一つがハッカソンです。

OneJapanには日本大企業を変えたいと想う熱い人達が多く集まっているので、是非ともこの大企業ハッカソンを何回もやって、大企業にイノベーションの文化を作りたいと思います。企画を進めてまいりますので、お声がけさせていただいた皆様、是非とも一緒にやりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です